blog

2020/03/04 16:01

いつもヒミツキチをご利用頂きありがとうございます。

店長のじゃばです。

連日の新型コロナウィルス騒動により、お休みをご自宅で過ごされる方も少なくないのではないでしょうか?
私も3日おきにジムに通っているのですが、ジムは密閉空間で人が密集する代表格みたいなものなので、最近は自宅での筋トレに励んでいます笑

必要以上に過敏になることはないと思いますが、うがい手洗いを徹底することで感染リスクを大きく減らすことができるようなので、日頃から徹底していきたいですね。

さて、本日はカスタムを行う際に私が使用しているツールや便利アイテムの一部をご紹介させて頂きたいと思います。

記念すべき?第一回目はこちら!笑





そうです!はんだこてです!

IPS液晶をインストールする際、もはや必須と言っても過言ではないはんだ付け作業。
苦手な方も多いんではないでしょうか?

基板のはんだ付けをするポイントは数ミリという細かい場所ですし、フレキシブルケーブルにもはんだ付けを行うため、熱によるダメージを与えないよう手早く正確に行う必要があります。





かくいう私も、カスタムを始めた当初はうまくはんだが乗らず、フレキシブルケーブルを溶かしてしまったり、基板をダメにしてしまうことが何度もありました笑

そして試行錯誤してたどり着いた結論がこちら!


安物のはんだを使うな!



これです!笑

最近ははんだに限らず、様々な工具が100円ショップなどでも買えるようになりましたが、やはり使い勝手や性能は値段に比例します。

安物のツールを使う ⇒ 失敗する ⇒ 部品をダメにする ⇒ 新しい部品を買う

ツールにかけるお金を惜しむことによって、結果的に余計にお金と時間を無駄にすることはよくありますね笑

今まで散々失敗し、色んなはんだを使ってきた私がオススメしたいのがこちらです!




白光のFX-600!


白光と言えば、言わずと知れた老舗はんだメーカーですね。

こちらのはんだごての最大の特徴は、手元のダイヤルで設定温度調整ができることです。
はんだ不良の原因はいくつかあるのですが、一番の要因ははんだの温度不足です。
それによってはんだがうまく流れず、結果的に基板に長く当ててしまい熱によるダメージで痛めてしまうことに繋がります。

その点このFX-600は500℃まで対応しているので、ポイントに素早くはんだを流し込むことができます。

私もこのFX-600に代えてから、あまりの使い勝手の良さに驚きました!
はんだ付けが苦手な方、うまくいかない方、是非一度こちらのはんだごてを試してみてかいかがでしょうか?

下記にAmazonのリンクを貼っておきますね。

それでは本日はこの辺りで。
最後までお読み頂きありがとうございました。


白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600